2005年11月01日

ナポリを見てから禿げろ −バゲよさらば 2.2−


051101_fig1.jpg
Fig. 1. ナポリを見てから禿げろ


 昨日のエントリーの続きです。 

 ハゲに限らず、他人からチヤホヤされたければ人格や財産形成に努力するのは基本であるが、万事を尽くしたにも関わらず金も名誉も手に入らず、ますます迫害されたとしたら、人格なんぞますます悪くなろうものである。そこで、最後の手段として日本人というシンボルをアドバンテージを使う。タイとか中国とかへ行くのである。彼の国々ではまだ日本国籍はいまだ小さじ少々はステータスとして機能するし、物価格差のために(日本で小金持ちでなくても)現地では小金持ちになることができる。日本が経済力でヴィヴィいわしてるうちは、日本語能力も多少はステータスシンボルとなる。もちろん、英語能力にはかなわないが。実際バンコクへ言ってみると判るのであるが、昼間っからオネーチャンはべらせてウダウダしてる日本人や欧米人が埼京線の痴漢の数ぐらいはいる(北京や上海にはいるのだろうか?)。ただし、そういう生き方がどう一般的にどう評価されるかは、お釈迦様でも何とか証券の“ちーふえこのみすと”でも判らない。

 
 ワリと日本人女性が好きな知り合いの英語教師 Mr. J は、典型的なダメ人間である。にもかかわらず、英語のネィティブスピーキング能力を武器にして、モテモテのジャポネライフを送っている。彼のような生き方も“社会的抜け毛スパイラル”から抜け出すための一つのマイルストーンになるかもしれんわけである。ただし、こういう生き方に異常な敵意を示すオトコがいるので要注意だ。私の知り合いに、日本の女の子と付き合ってる白人(Mr. Jはまさにティピカル!)を意味もなく嫌うアホなレイシストがいたのだ。和製Mr. J を目指す場合は、タイや中国にいるかもしれんレイシストどもに、イワレなき中傷を受ける可能性を否定できない。まぁ、そんなときは「たまたま好きになったのが...云々(ホンマかどうか知らんが)」と言っておけばいいのだ。


051101_fig2.jpg

Fig. 2. イタリア女性のハゲの男性に対する嗜好調査
/女性500名に調査した結果 。
(出所:イタリアの旅行誌「グリベル」96年9月号)


051101_fig3.jpg

Fig. 3. 日本の女子大生の髪の薄い男性が好きかどうかの調査
/首都圏の女子大生に対して「髪の薄い男性は好きですか?」という質問をおこなった結果である。『無関心』はハゲを気にしないのか?それともハゲなどout of 眼中なのか...。ちなみに未成熟な日本男児不肖Luxun S. R.は「キレイなおねぇさんは好き」です。「慈悲の反対は無慈悲ではなく無関心です」 by 偉大なるカソリックのおっかさん
(出所:アデランス「薄毛に関する大学生に意識調査」より首都圏の女子大生の部 )


 中国やタイへ行くのもいい。だが、ハゲであることを忘れて勝負したい人には世界一のハゲパラダイス、イタリア共和国をオススメする。Fig. 2はイタリアの旅行誌がおこなったイタリア女性のハゲの男性に対する嗜好調査である。なんと約半数の女性が積極的にハゲを好きだと答えているのだ。7割近くの女性がハゲ好きだという説もある。同時期の日本の女子大生のハゲに対する感情(Fig. 3)と比して非常に好意的ある。Fantastico!誰だ!?イタリア人がいい加減だとか、イタリアと同盟したのは失敗だったとか、サイゼリヤのピザは薄いとか、バーミヤンはアフガニスタンの地名なのになんで中華料理屋なんだとか(これは違うかw)ちぃちぇことで文句言ったヤツは!日本人のハゲに対してはどう思われるのかは不明であるが、イタリアでは逆にハゲなければ損なのかもしれない。ナポリを見てから死ぬんじゃなくて禿げろということだ。

 まぁ、たいていのハゲキャリアー諸氏にとって、仕事や言葉・文化の問題もあって海外移住はなかなか容易ではないと考えられる。移住にトライするにしろ人格を高めるにしろ、リアップの滲む血の滲むような努力が必要だ。そして、育毛剤はあくまで副菜だと考えるべきだ。ダメもとで育毛剤を使うならば、もし効果があれば儲けモンであるし、ダメであっても靴を隔てて痒いところを掻くような思いをせずに済む。せいぜい、森永アロエドリンクの葉肉がストローに詰まった時程度の歯がゆさで落ち着くだろう。実際、ハゲが好きな人もいるわけであるし。そうこうしているうちに、正しき育毛道(?)に従って、ブルース・ウィリスや織田無道(ちょっと違うか?)がチヤホヤされる“成熟した”ニッポン国になるかもしれない...と未成熟オトコ Luxun S. R.は思うんである。

育毛情報を書くつもりが、何故か最後は精神論(にもなってないが)に!? (いつか)つづく

関連エントリー
成熟できない男とワガママ女の半熟国家ニッポン −バゲよさらば 2.1−

banner_04.gif

人気blogランキングへ
posted by Luxun Super Rich (二代目) at 00:00| Comment(4) | TrackBack(5) | バイオ・ナノテク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
面白いエントリーでした。
Posted by 右京 at 2005年11月06日 09:33
右京さん コメントありがとうございます。

ナポリに行くぐらいだったらハゲたくない...

というのがホンネです。
Posted by Luxun Super Rich at 2005年11月08日 03:09
このタイトルと記事が、あまりに面白いので
ネタにさせてもらいました。
ついでにTBも是非させてください。
宜しくお願いします。
Posted by 樹里亜 at 2005年12月08日 01:04
樹里亜さん コメントありがとうございます。

ネタにしてもらえてうれしいです。

イタリアは行ったことがあるのですが、いまだナポリへ行ったことはありません。

いまだハゲてもいませんが...
Posted by Luxun Super Rich at 2005年12月08日 12:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

飲む毛生え薬の実力
Excerpt: 以前、当ブログで話題にした「飲む毛生え薬」の続報ですけども。 薬を飲み続ける限り、98%の人が現状維持以上、の様です! 強烈な臨床試験結果です。 もうまさに全国のハゲリストの皆さんに..
Weblog: もう書きません【ニュースを斜めに解説します】
Tracked: 2005-11-06 09:33

禿げるなら ??イタリア編??
Excerpt: 映画「冷静と情熱のあいだに」 を観て以来、イタリアに行きたくて仕方がない。 そして、前から気になっていたこのネタ。 :::::::::::::::::::::::::::::::::..
Weblog: 世界最強国際恋愛ブログ
Tracked: 2005-12-08 01:05

あっちーーーー!!!!!!
Excerpt: 人生初のSМやっちゃいましたw つってもプチSМですが(^−^; 僕は痛いの嫌いなのでS役。 М女をたっぷり調教してやりましたよw しゃぶらせながらムチでビシビシするのは何とも言えない快感でした・・・..
Weblog: まあむ
Tracked: 2008-09-23 07:59

びひゃあぁぁぁぁぁい!
Excerpt: こないだ女にロー夕ーと電マ持って来させてマムコを集中攻撃したよ(`・ω・´) スゲエ声でアンアン言いまくって、もの凄い勢いで9マソくれたよwwwwww 寝て稼ぐのもいいけど、たまには攻めるのもアリだよ..
Weblog: コンプ
Tracked: 2008-10-04 19:42

試写室にてwww
Excerpt: お互い家でするのは嫌だし、ホテルってベタだし・・・試写室でヤってきたww スリルあるし密室感あるし普通よりスンゲー興奮したwwwwww 女もスゲエ濡れ濡れで何回もイってたしw おかげで10マソも貰えた..
Weblog: 暴走
Tracked: 2008-10-25 06:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。